短期間で出会いが望める出会い系サイトは神ツールである

直アドを交換できるまで

出会い系サイトで相手の女性の直アドを教えてもらおうと思っても中々簡単には行かないと思います。何故なら出会い系サイトという物自体男性の数が女性の数をはるかに上回っていますので、その中から選んでもらおうとなるとちょっとした努力ではかないません。
しかし今回はその直アド交換のコツについて書いていきますので、良かったら一度試してみてください。

まず、大切なのは最初のメールです。ファーストメールを相手の印象に残る様に工夫しましょう。その為にはまずはメールの題名を見直して下さい。女性の興味を引いて中をしっかりと呼んでもらう事が必要です、やはりメールも多く送られてくる女性ですのでまずはメールを開いてもらえるように考えなければいけません。

そしてメールを開いてもらった後に大事なのが無いようですが、個々には自己PRと質問を一緒に書いておきましょう。返事を貰いたいと思った時には相手の事をあらかじめリサーチして相手の返答しやすい様な共通の話が出来ると良いかと思います。勿論余り相手の内情に突っ込んだ話をしてしまったり、卑猥な内容を送ってしまう事はNG。相手の事を理解しない様なメールを送ってしまうと直に切られてしまうでしょう。

又、注意なのは自己PRは大切ですが余り長い文章、くどい文章等は避けるようにしましょう。自己PRのしすぎで女性に鬱陶しいと思われてしまうと元も子もないですし、質問についても適度な質問にしないと女性からみてマイナスになってしまうでしょう。
この様に共通の話題、そして自己PRの配分を程よくして、件名を工夫してみると返事を貰える確立は上がるのではないかと思います。

出会い系男性だけが課金の理由

出会い系サイトには有料サイト無料サイトがありますが、その中の有料サイトという物は女性は無料で男性だけが有料という物が一般的に成っています。何故女性だけ無料で男性だけ有料?と疑問に思った人も多いのでは無いかと思います。男性からは不満の声も上がる事もあるのではないでしょうか。

出会い系サイトがどうしてこの様なシステムに成っているのか、それにはちゃんと理由が有ります。男女平等という物が意識され始めてもう随分経ちましたが、今回はそれが完全に逆転したようになっていますよね、しかし何も男性軽視でこのような事に成っているのでは有りません。

出会い系サイト、特にエッチな男女の出会いを目的とした不輪サイトなどは男性が多く女性が少ないという物はもう周知の事かと思いますが、やはりこれも女性だけを無料にするという事で女性会員を集めるシステムなのです。男女共に無料にしますと人が増えて女性の倍率が高く成りますし、女性を有料にすると女性が入ってこないし、という事でこの中間策が取られているので、男性会員もその辺りを納得して有料サイトを利用する必要が有るかと思います。料金システムにはこの様な事情がありますので、割り切って楽しんでみてはいかがでしょうか。

焦る男はカッコ悪い


出会い系サイトでの最初の成功を意味するのは相手とメールアドレスの交換、もしくは直接連絡を取り合うことができる手段を手に入れることになります。
有料出会い系サイトであればなるべく早く相手の直アドレスを知りたいですし、そうすれば余計なお金を掛けることが必要なくなります。

しかしなるべく早く知りたいがために相手を急かし急いでメールアドレスを手に入れようとするのは厳禁です。
そういう態度を取った場合相手の女性は警戒心を強めてしまい、サイト内での交流、そして時間とお金も無駄になってしまうでしょう。

女性はそう簡単に赤の他人にメールアドレスを教えたりはしません。何回かの手順を踏んだ後にアドレスを交換します。
メールアドレスといえども個人情報です。
どこかに晒されたりもすれば迷惑もします。
そんな大切な個人情報を交換しようとしているのであれば相手を思いやった行動も必要です。相手が自分にメールアドレスを教えても良いような段階になっているかを見極めることが必要なのです。

まず相手からのメールを最初から読み直してみてください。
文面が明らかに前より柔らかくなっているのであれば相手も気を許しているということになります。そういう段階に来ているのであればメールアドレス交換を申し出てもよいのではないでしょうか。
逆にまだまだ硬いようであればその段階には達していない。まだ時間が必要ということになります。

以上の心がけ、出会いの技を実践していけば簡単に女性と出会えてその気になればエッチまで出来る出会い系サイトは神ツールです。
存分に楽しみましょう。